海外生活を続けていれば、

何年間かインターナショナルスクールに通えば、

日本に帰る頃には英語も日本語も両方出来るようになる、

そんな風に思っている人もいるかもしれません。

親御さんが手をかけなくても、いつの間にかバイリンガルになれる優秀なお子さんもいるのかもしれません。

​しかし、大抵はそうはいかないのです。

 

 

 

 

問題1:日本語の維持

インター生活が長ければ、英語は使っている分うまくなるでしょう。

問題になってくるのが日本語の維持です。

 

小学校低学年からインターに通っている子でありがちなのが、途中から英語と日本語が逆転して、高等部に入る頃には日本語への苦手意識を持ってしまうパターンです。

この様な例はとても多いと思います。

苦手意識を早い段階で持ってしまうと、漢字の勉強や国語の勉強を放棄し、最終的には、喋れるけど読み書きが苦手な日本人になってしまう、ということになる場合も。

 

そして、英語だけは出来るようになっていると思っていたのに、、、、

思ったよりも英語の伸びが今ひとつ、なんていう状況になることも。

それは、第2言語の習得に母国語の確立が深く影響しているからです。

日本語も英語も中途半端になってしまう!?

 

そうならないためにも、日本語の維持は重要になってきます。

問題2:英語の習得

それとは逆に、高学年からインターへ通うお子さんは英語を習得するのに苦労します。

いくら日本のクラスで英語が得意な方であっても、インターでは英語を勉強するのではなく、英語で勉強するのです。

高等部ともなると、習っている内容自体が難しくなっていきます。

高学年になればなるほど、インターに通う本人の強い意志が必要になってくると思います。

絶対に英語をものにする!この学校で卒業する!など、本人のやる気が重要です。

毎日英語の家庭教師をつけるなど、徹底した方法を取るなど、高学年からでもバイリンガルになる方法はあると思います。

元々の学力はあるわけですから、英語さえものにすれば成績もぐんぐん伸びて行く、そんな例をたくさん見ています。

バイリンガルへの壁

​バイリンガルへの壁
思っていたより難しそう・・・英語だけ喋れればいいかな?

「日本語の維持はできなくても、せめて英語は。。。」と思っているお母さん、まだ諦めないでください。

​バイリンガルになる方法はあります!

どうやって日本語維持すればいいの?

学校の宿題、習い事、お友達との約束、、、日本語を勉強する時間が中々取れない!

日本人として、いつ日本に帰っても平気なように、、、 モチベーションは人それぞれですが、我が家の場合はこうでした。

やっぱり大変!そんな時には

お母さんが熱心なのは素晴らしいことですが、いつも全力では疲れてしまいます。

日本語維持を助けてくれる便利グッズ、ご紹介します!

​放っておけば日本語も英語もペラペラ・・・じゃない!?

​関連記事

​初めまして!このサイトを作っている、安蔵寿苗と、娘の彩香です。当サイトは、私たちの個人的な体験を元に書いています。

​バイリンガルと一概に言っても、環境は人それぞれなので、私たちの環境がどの様なものか、参考までに。

​プロフィール