よくあるのが、元々は英語が喋れなかったのに、途中で逆転し、日本語が逆に苦手になってしまうパターンです。

英語が上手ならば、それでいいんじゃない?と疑問に思う人もいるかもしれません。

日本人なんだし、日本語が苦手になると言っても読み書きが出来ないほどにはならないんじゃない?と思うかもしれません。

しかし、母国語教育をしっかりやらなければ子供はどんどん母国語の読み書きが嫌いになり苦手になっていきます。

 

そして、アジアのインターで育つ子供たちは、欧米で育つ子供達のようにネイティブ並みの英語力がつくかというと、それも無理があるんです。

 

日本語も苦手、英語も欧米で育つ日本人ほどはうまくなれない。

 

母国語教育をしないでアジアでのインター生活を送るとそうなる確立が高いということです。

 

日本人であるということは、変えることは出来ません。

日本人であることに誇りを持って生きていってほしいですし、

海外で育ったとしても、自分は日本人だということを忘れないでほしいと思っています。

 

いつ日本に帰っても大丈夫なようにしておくこと、

自分の意志で海外で生活しているわけではない子供たち、

親の都合で海外に住むことになった子供たち、

そんな子供たちに親が出来ることが母国語教育なのかなと思っています。

 

日本人として、日本語が出来ることは当たり前、

それが出来てこその英語、だと私は強く思ってます。

お母さんが熱心なのは、素晴らしいことですが、やはり、難しいし、疲れますよね。

​日本語維持を助けてくれる、便利グッズ。どんどん使ってください。

やっぱり大変!そんな時には

学校の宿題、習い事、お友達との約束、、、日本語を勉強する時間なんて無いようにも思えますよね。

日本人として、いつ日本に帰っても平気なために、、​モチベーションは人それぞれですが、我が家の場合はこうでした。

どうやって日本語維持すればいいの?
​関連記事

​初めまして!このサイトを作っている、安蔵寿苗と、娘の彩香です。当サイトは、私たちの個人的な体験を元に書いています。

​バイリンガルと一概に言っても、環境は人それぞれなので、私たちの環境がどの様なものか、参考までに。

​プロフィール

バイリンガルの価値とは

​母国語である日本語が出来てこその英語