海外赴任・・・

子供をインターに入れる?

小学校低学年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

低学年のほうが、勉強内容も難しくないですし、日本語の保持もそれほど難しくないかなと思うのですが、

この時期は子供1人での勉強というのが難しい時期でもあります。

母親がそばでしっかりと見ていないと、日本語の勉強をしてくれない場合が多いということです。

 

特に学校で使うことのない日本語の勉強をするのは、子供にとってはモチベーションが上がらないわけで、ここで日本語教育をどうやっていくのかが、その子のその後を左右する場合が多いと思います。

話せて読めるけど、日本語で文章を書くこと、漢字や作文が苦手な子になってしまうのも、この時期をどう乗り切るかだと思います。

 

 

ちなみにですが、幼稚園からのインターはオススメしていません。

母国語教育のところでもお話ししますが、第2言語をはじめるタイミングとして、母国語の確立後が適していると考えているからです。

母国語が確立していない時期に第2言語も同時にはじめると、どちらの言語も伸び悩む事になると思います。

 

娘はイギリスで生まれ、3歳になる直前までを過ごしました。

家ではもちろん日本語でしたし、見てるテレビなども日本の番組も見てはいたのですが、

プレイグループ(未修学児童を集めて行うグループ活動)に参加したり、近所の友だちなどと遊ぶ機会も多くありました。

そういう場合は英語になるわけで、英語と日本語の両方に接していたと言えます。

そんな娘の日本語の発達は決して早いと言えるものではなく、どちらかと言うと遅い方だったと思います。

3歳直前で日本に帰国して、次の赴任地に行くまで半年くらいを日本で過ごしたのですが、

その半年の間の娘の日本語の発達具合が、急激だった事を今でもはっきりと覚えています。

みるみるうちにぺらぺらとおしゃべりな子供になっていきました。

霧が晴れて行くかのように、日に日に日本語がはっきりとしていく娘を見ていて、

子供ながらに2つの言語の中で暮らすというのは、ストレスになっていたんだろうなと思いました。

 

その後、語学の専門家の方にアドバイスをいただいたこともあって、母国語の確立を優先させ、

バングラデシュでは日系の幼稚園に入れることになっていくのですが。

 

 

​小学校高学年〜中学生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高学年からスタートする場合は、勉強内容も難しくなってきますし、英語のレベルも当然高くなってきます。

どうしたらいいでしょう?と良く聞かれますが、『毎日家庭教師をつけてください』と、お伝えしています。

低学年の時は、ゆっくり学校に慣れていけばいいと思いますが、高学年ではそうは行きません。

 

毎日家庭教師をつけて、日々の勉強をフォローアップすることと、英語漬けにして早く英語環境に慣れる事が重要になってくると思います。

日本人の友だちとつるまない、ネイティブの友だちと遊んだり一緒に勉強をするなど、本人の努力が非常に重要になってきます。

ただ、母国語での学力はすでにあるので、英語の能力さえ上がってしまえば、成績もぐんぐん伸びる子供が多いのも事実です。

 

高学年からのインタースタートでも、上記のように環境を整えて本人も努力することによって、1年後には見違えるようになったケースをたくさん見てきました。

日本人の人数が多いインターでは日本人同士がかたまってしまい、1年たっても2年たっても英語が中々上達しないケースもあると思います。

やはり本人がどうしてインターに行きたいのか、自分はどうなりたいのか、というビジョンがはっきり持てないとインターに行ったからと言って、英語がものに出来るとは限らないということです。

  

海外赴任が決まったら、まず考えるのは子供の教育のことではないでしょうか。

学校をどうするのか?この機会にインターに入れるほうがいいのか、それとも日本人学校のほうがいいのか。

 

海外赴任のこの機会にインターに入れて、帰国する頃にはバイリンガルになれるんじゃない!

そんな風に考える人もいるかもしれませんが、本物のバイリンガルになるのは思ったよりも簡単ではないんです。

 

 

2−3年以内の場合

この場合は、英語に慣れて英語で勉強するレベルになったと思ったら本帰国する、ということになってきます。

その期間、日本語の勉強をどう続けて行くのか?

英語を優先すると日本語がおろそかになってくることもあると思います。

 

日本に帰った時の日本語力と、身に付くであろう英語力、

このバランスを考えてインターに入れるかどうかを判断することも大切になってくると思います。

 

 

4年以上の場合

赴任期間が4年以上の場合はどうでしょう。

英語はしっかりと身に付いていくと思いますが、日本語の維持向上にも時間を割いていかないとダメということになってくると思います。

 

4年以上海外に赴任する場合は、インターをオススメします。

子供の性格などにもよりますが、チャレンジしてみてはいかがでしょう。

親子共々大変なことはたくさんありますが、インターにチャレンジすることは得るものも大きいと思います。

海外赴任の期間から考える
​インターに入れる年齢から考える

​初めまして!このサイトを作っている、安蔵寿苗と、娘の彩香です。当サイトは、私たちの個人的な体験を元に書いています。

​バイリンガルと一概に言っても、環境は人それぞれなので、私たちの環境がどの様なものか、参考までに。

​プロフィール

​インター卒業後は海外の大学?日本の大学?帰国子女入試?

インター卒業後って、どんな進路があるの!?選択肢は?

インター事情は国それぞれ。インターって違いがあるの?

​どのインターナショナルスクールに入れる?
​関連記事
​「いつか」やってくる本帰国・・・そのための準備って?

​インターにも慣れてきたけど、本帰国が「いつか」来ることを想定として準備はしておくべき!