インターナショナルスクールを選ぶとき 2

赴任地が変わることになり、

グレード3の3月頃から来年度の学校探しが始まりました。

 

赴任地がわかってからすること、

まずは学校探しですよね。

学校が決まらないと家を探すのも難しいので。

通学にどれくらいかかるのか?

スクールバスは来てるのか?

アパートからスクールバスが出ている場合もありますし。

 

そこには大きめのインターが4校ありました。

今までと同じIBの学校が第一希望だったのですが、

ウェイティングがかかっていてすぐには入れないことがわかり。

(ちなみにその学校の校長先生は、当時通っていた学校の元校長です

IB校同士だとそういうことも多々あるようです)

 

ブリティッシュ系以外の学校、2校にアプライすることに。

(最初の赴任地でのブリティッシュ系の学校の雰囲気が悪かったのが影響して、

我が家はずっとブリティッシュ系を避けてきました。

国が変われば学校の雰囲気も違うとは思うんですけどね。

ただブリティッシュ系は制服も規則も雰囲気も厳しめできちっとしているところが多いと思います)

 

グレード4での転校ということになった娘、

アプライした2校はどちらも新しめの学校で、

ひとつはアメリカ系、もうひとつはニュージーランド系の学校でした。

 

メールでのやりとりの後、成績表と健康診断表を添付するように言われ、

2校ともそれで合格をもらうことが出来ました。

 

選ぶと言っても、それほど選択肢がない場合は、

入れるところに入れるしかないんですよね。

IBの学校のウェイティングリストに登録して、

まずはアメリカ系のインターに転校することに。

 

転校してみてわかったのは、インターと言っても、

IBスクールとアメリカ系インターではまったく違うということです。

インターってどれもそれほど変わらないと、

勝手に思っていた私たち家族にとっては軽い衝撃でした^^

 

続きます

Please reload

​最近の投稿

August 24, 2017

Please reload

「インター生活スタート編」の投稿
Please reload

​気軽にメッセージを残してください!