インター生活 スタート編4(日本の勉強)

小学校2年の夏休みまで、娘は日本語環境で育ちました。

海外で暮らしていましたが、まずは母国語と強く思っていたので、

幼稚園も迷わず日本語環境に入れました。

 

海外生活も長くなってきて、子供の言語をどうしようと考えた時、

身近にいる先輩の存在というのは大きいものがあります。

 

私が尊敬していた先輩ママは、長く海外生活をおくっている方で、

子供をバイリンガルに育て上げている、かっこいい人でした。

そこのお嬢さんの日本語が素晴らしくて、こんな娘になってほしいとあこがれていました。

 

その先輩から言われていたことは、

まずは母国語を大切にすること。

母国語がしっかり出来ているのといないのとでは、英語の伸び方が違ってくる、

というものでした(もちろん個人差はあるんですけどね)。

 

娘は小2まで日本語をきっちりやってきていたので、

良いタイミングだったのかな、と思います。

英語に慣れてくるとあれよあれよと吸収していきました。

結局娘は1年でESLのクラスから抜けることになります。

先生が素晴らしかったのももちろんありますし、

まわりに日本人がいなかったこともそうですし、

仲良しがアメリカ、イギリス、ドイツ人とほとんどがネイティブだったこともありますし、

母国語がある程度確立出来ていたことも影響していたかもしれません。

 

幼稚園からインターに通っていても、ESLにいる期間が長い子供もいます。

アメリカやイギリスの現地校ならそういうこともあまりないのかもしれませんが、

アジアにあるインターですと、英語環境は学校の中だけということが多いので、

こういうことも起こりえるんだと思います。

英語環境に入った年が娘のようにグレード2やそれ以降でも、

1年2年でESLを卒業する子もいます。

日本人に限った話ではありませんが、母国語が出来ていることと、

その子の性格や語学に対するセンスも関係してくるのかもしれません。

 

母国語の大切さはことあるごとに知ることとなります。

娘の学校はIBスクールということもあって、母国語を大事にするように良く言われていました。

新しいプロジェクトに入る前などは、

そのプロジェクトに関する単語をまずは日本語で説明して意味をわからせるように、

担任から毎回指示をもらっていました。

例えば、水について学ぶというときには、

浄水場、蒸発、などどいう単語を日本語で説明しておくという具合にです。

日本語でも普段はあまり使わない言葉が多いので、事前に理解しておくのはとても役立ちました。

 

普段の生活では、宿題をやることと友達とプレイデイトをすることを大切にしていました。

そしてそれ以上は望まないようにしていました。

習い事をするのはもっと後になってからで、

学校に慣れることと、英語に慣れること、

そして何より友達と良い関係を作ることを最優先にしていました。

 

娘の友達別、好きな食べ物も把握してました。

おやつや食事がおいしいことでまた娘と遊ぼう!と思ってもらえるように、

ささやかな母の応援する気持ちです。

だっておやつのおいしい家に遊びに行きたいですよね、誰だって^^

 

日本の勉強は土日と、ターム休みにやることにしていました。

通信教育をずっとやっていましたが、

小2、小3の子供がひとりで進んでやるわけもないので、

私がずっと一緒にやっていました。

通信のテキストだけでは漢字の勉強が追いつかず、

私が作った漢字練習帳を使って勉強をしたりもしていました。

ママ塾開講よ〜と良く言ってました。

本当は理科と社会もやれればよかったのですが、

国語と算数でいっぱいいっぱいでしたね。

 

いろいろな例を見てきました。

通信教育も出さなくなっていき、どんどんテキストもやらなくなっていき、

自然消滅していくパターンとか。

普段の勉強だけでもどんどん難しくなっていきますし、

自分のまわりでそんなことをしている人はほとんどいないわけですから、

どうして自分だけこんなに勉強しなくてはいけないんだろうと、

子供ながらに思うのは当然です。

 

日本人として日本語が出来てこその英語だ、

というのが我が家の基本スタンスでしたので、

それを崩すことはない、という信念でやってきました。

 

その頃は、いつ日本に本帰国するのかわかりませんでしたし、

もちろんある程度の年月がたてば日本に帰ると思っていたので。

日本の勉強をやっておくのは当然と言えば当然のことだったのです。

 

担任の先生に日本の勉強もやっている、

ということを必ず伝えるようにしていたのですが、

どの先生も、どうしてなんだろう?とピンと来てない様子で^^;

英語ネイティブの人たちには中々理解してもらえないところなんですよね。

ま、しょうがないんですけどね。

 

またお話はインター1年目に戻ります。

徐々にインター生活を楽しめるようになっていきます。

あの頃のこと全部覚えている、と娘が言ってました。

それほど強烈な記憶なんでしょうね。

Please reload

​最近の投稿

August 24, 2017

Please reload

「インター生活スタート編」の投稿
Please reload

​気軽にメッセージを残してください!