インター生活 4年目編2(驚きの再会)

南アジアのインターで娘が最初に仲良くなった女の子Cちゃん

(双子ちゃんの一人です)。
グレード2からインター生活をスタートした娘ですが、
1年が終わる頃にはCちゃんと娘はいつも一緒にいる間柄になっていました。

どちらかというとCちゃんが娘の後を追いかけてる感じでした。
そして、それがとってもかわいかった^^
娘も小柄ですが、さらに小柄なCちゃん。
ちっちゃくてかわいい、声もかわいいし。


そんなCちゃんは夏休み中に突然引っ越してしまいました。

お別れも言えず、突然引っ越してしまった友達。


そして2年の歳月が流れ、
娘とCちゃんは再会することになったのです。
グレード5で転校したインター校。
Cちゃんが通っていることは知っていました。
なので同じクラスになれたらいいなぁと、胸を膨らませての登校でした。
そしてCちゃんと娘はまた同じクラスに!!!

2年ぶりの再会です。

書いていてもワクワクするんですが。

娘はCちゃんに駆け寄りたずねます。

「久しぶり!!Aだけど覚えてる?」

「・・・・まったく覚えてないけど・・・・・・」

このときの衝撃をずっと後になって娘は話してくれました

(当時はビックリしすぎて娘も消化できなかったようです)。
あまりにショックすぎて泣きたくなったと。
しかもあのかわいいCちゃんはどうしたことか、
すっかりひねた感じの少女になっていて、
声のトーンも低くなっていて。。。。。

この2年間に何があったのか、私たちにはわかりません。

彼女は本当の親と暮らしていなくてイギリス人夫妻の養子です

(インター生活2年目編2でも書いてます)、

そのことがなんらかの影響を与えているのかもしれないし、

まったく違うのかもしれない。

 

娘は双子のもう一人、Eちゃんとどんどん仲良くなって行きます。

Eちゃんはひねた感じもなく、明るくて人なつこい性格で。

ある時、娘はEちゃんに聞きました。

Cはあの頃のこと忘れちゃったのかな?と。

Cは前の学校のことほとんど覚えていないみたいよ、

という、これまた衝撃的な答えが返って来たのでした。


それでも1年の間に、二人はまた良い雰囲気を作り出していったようでした。

Cちゃんは娘と二人だとかなり甘えてくるらしく、
他の人がいるとつれない態度を取ったりするらしいんですが。

Cのツンデレぶりがね、かわいい

 

だそうです^^


そして娘はCちゃんの家にスリープオーバーに。

むかえに行った時に娘が言った一言が、


もう何も言わないで引越ししないでね。

娘がすごくショックを受けたことをCちゃんのママにも伝えました。

「私もショックだったわよ、すぐに引越ししなくちゃいけなかったら」
って言ってました(そりゃそうだろうけどせめて一言ほしかったなぁ)。

ずっと娘のココロにひっかかっていたことだったんだと思います。
あんなに仲良かったのに、どうしちゃったの・・・・って。

そして、あの頃のことを忘れたというCちゃん。

それが本当なのかどうかはわかりません。

でも、娘は相手がどんな反応をしたとしても、

それをちゃんと受け止めて、辛抱強くつきあっていった。

前の彼女を知っていたから、忘れていなかったから、

それが出来たのかもしれません。

 

インターナショナルスクールでは、出会いと別れがいつもあります。

子供たちは何度も何度も出会いと別れを繰り返してきています。

だからでしょうか、優しい子が多い気がします。

友達とのつきあい方も、すぐに結果を出すんではないところもあるかな、と。

 

それにしても、Cちゃんのあまりの変わりように当時の私も驚きました。

思春期にさしかかっていて、彼女なりにいろいろあったんでしょうね。

Please reload

​最近の投稿

August 24, 2017

Please reload

「インター生活スタート編」の投稿
Please reload

​気軽にメッセージを残してください!