インター生活 2年目編4(日本語!!)

英語の力もついてきましたが、まだまだな2年目。

日々の宿題に追われ、プレイデイトに追われ、

あっという間に過ぎて行く日々^^;

 

そんな中でも、やらねばならないことがある、それは日本の勉強。

基本は週末と長い休みにやることになっていたのですが。

 

今振り返ってみると、

小3のこの時期が日本の勉強をするのに一番大変だったような気がします。

本人にしてみたらやっと英語に慣れて来て、英語だけでいきたいのに、

漢字だの計算だのとやりたくないことがいつも待っている。

苦労したのは、娘の気持ちが乗らなかったせいでもあるような気がします。

 

小3というと、まだまだ子供なんですよね。

ひとりで何でもテキパキやれる子は少ないのではないでしょうか。

勉強もそうかなと思います。

もうちょっと大きくなるとスケジュールの管理なども出来るようになりますが、

うちの場合はきびしかったかな。

 

そしてやってもやってもすぐに忘れてしまう漢字。

もう、これには何度も何度もくじけそうになりました。

毎日見ているわけじゃないし、使ってないし、

そりゃそうです、忘れますよ。

でも、え〜〜!!というくらいに忘れてしまう漢字たち。

3、4年生の漢字が200字で多いせいもあると思いますが、

それにしても。。。。

 

漢字ノートを作り(通信教育の本だけではたりなかった)、

何度も何度も書かせ、それでも抜け落ちていく漢字たち。

3、4年生で挫折していく人が多いのもわかります。

 

計算もそうです。

インターの算数は(というかIBスクールの算数は)、

1、2年遅れてる感じなんですよね。

なので、そこでいくら良い成績を取ったとしても、

日本ではまったく通用しないわけで。

計算もしっかりやってもらわなければ、と思ってました。

その頃、通信教育以外にも、

100マス計算のテキストとかもやらせてました。

インターですと電卓を使って計算、なんてことも良くあるんです。

そんなことをやっていたら計算が出来なくなる〜、

と思ったので、ドリル的なことをやらせなくちゃと思ってのことでした。

 

=================================

娘は2年生の夏休みに(インターに入る直前に)、九九は覚えておきました。

日本の学校では夏休み明けに始まる、そんなタイミングだったと思います。

これがかなりの効果を発揮しました。

インターでも、結局は覚えさせられるんです。

でも、日本のように節になってるわけでも、ゴロ合わせしてるわけでもなく、

ただただ覚えさせられるだけで、簡単にはいきません。

九九がしっかり入っているのといないのでは全く違ったと思います。

そのタイミングの方はぜひ日本式で覚えられるのをおすすめします^^

===================================

 

そんな中でも、マンガを読むことは毎日続けていた娘。

その頃読んでいたのは、ちびまるこちゃん、どらえもん、ちゃおですね。

こちらでは本を買うことが出来なかったので、

一時帰国のときや本屋がある近隣諸国に出た時に買ってくるのですが、

それほど持って帰れるわけでもなく、限られたものを読んでいたのですが、

それでも毎日読んでいましたね。

ちびまるこちゃんにいたっては、頭の中でページをめくって読める、

と本人が言ってるほどです^^;

 

私が知ってる例では、

マンガ好きの子はバイリンガル教育上手く行ってる子が多いです。

マンガ好きの子は本も好きな子が多いですし、

本がそれほど好きではなくても、日本語に対する苦手意識が少ないかなと。

毎日リーディングの宿題がありますから、

英語は読むのが楽しくなるし面白くなるのは当たり前で。

それとは逆に日本語を読むのが面倒になるのはしょうがないかなと。

そこで踏ん張るにはマンガは威力があると思います。

 

そして、何より世界で大人気です。

娘の同級生男子にいたっては、ネットで何でも見れますからね、

ナルトやワンピースはもちろんですが、

君に届けのような少女マンガまで読んでいる子がたくさんいるんですよ。

 

日本語を話すのは親とだけ、という場合も多いと思います。

それだけですと語彙も増えないんですよね。

娘の場合は、日本のテレビを見る時間を作ってました。

1日1時間強でしたが。

今のようにインターネットテレビやYouTubeがなかったので、

もっぱら録画して送ってもらったビデオを見ていたのですが。

これがバカには出来なかったなと。

”今”の日本語を知ることが出来るので^^

 

日本の勉強を挫折せずにやり続けるには、

本人のがんばりと親の努力が必須ですが、

それ以外の部分も大切だなと思います。

マンガや日本のテレビを見ることは(適度にですが)、

生きた日本語にふれる機会ですし、

時に日本文化にふれることも出来ますし、

日本語に対する拒絶反応をふせぐ大きな役割があるなぁと、

そんな風に思います。

 

Please reload

​最近の投稿

August 24, 2017

Please reload

「インター生活スタート編」の投稿
Please reload

​気軽にメッセージを残してください!